カードローン

カードローンとは

カードローンの発祥は、昭和30年代に公団などの団地に住む主婦を相手に、団地金融として金銭を届けていた消費者金融が起源となっています。当時の団地は、普通の会社員でも比較的年収の高い層が多かったことから信用力も高く、現在のような審査も不要でした。

 

このような団地金融という消費者金融の業者が、一時期、質屋の代わりに消費者へ無担保でお金を融資するようになっていきます。

 

地域的には東日本より西日本のほうが多かったようです。当時、「勤め人信用貸し」あるいは「団地金融」と呼称されていましたが、日本が高度成長期に入るにつれ、サラリーマン層が拡大し、その需要が好景気と相まって拡大したことから、いつしか名称も「サラリーマン金融」となりました。

 

当時のサラリーマン金融は、利用者から電話で融資の申込みがあれば、消費者金融の社員が契約書とお金を持って、申込者の自宅まで届けるシステムでした。これは、金融会社側にとっても利用者の居住地と本人確認がとれることから、審査機能も兼ね備えていたのです。

 

その後、顧客の自宅まで社員が届けるシステムは、金融会社側にとって人件費が嵩むばかりか、残高を積み増す上での制約となってきました。このため、カードローンの主流は配達方式から店舗を構えて来店を待つ店頭型へと移行していきました。

 

カードローンによる庶民への融資機能が高まるにつれ、複数の金融会社から借り入れをして返済不能になる多重債務者が増えていきました。当時、この問題はローン会社側から見れば、与信審査力の限界でもあり、多重債務者を予防するための新たな審査機能の確率が求められました。