カードローン

無担保融資

消費者金融やカードローン会社といった個人ローンを取り扱う金融業者は、主に担保ローンと無担保ローンに分類されます。

 

その中で圧倒的に多いのが無担保ローンで、その割合は97%をい占めるまでになっています。

利用目的

また、利用目的として多いのは
  • 自動車購入費
  • 家電製品購入費
  • 海外旅行費
  • レジャー資金
  • 交際費
  • 生活費の補填
  • 他の金融業者への支払い

 

以上の項目のうち、自動車購入費や家電製品購入費といった耐久消費財購入が上位を占めています。

 

この理由として、その他の消費とは異なり、価格が一定所得期間の収入では買えないが、比較的長期間使用出来るといった安心感によります。

 

一人当たりの一回の利用金額は3万円未満が多く、こういった人はレジャー資金や交際費といった利用目的に該当します。

 

大半の利用者は一回当たりでは少額の借入をしていることがわかっており、こういった少額の借入が積もり積もって、借金が増えてしまっている要因だと推測されます。

 

一般的なカードローン利用者は、自己の返済能力に合わせて必要な額のみを借入しています。

 

しかしながら、一部には借入目的における「生活費の補填」「他の金融業者への支払い」といった利用目的者が存在することは事実で、家計管理や返済計画を十分に注力しないと、多重債務に陥ってしまう可能性があるでしょう。